わたしの手汗対策は外出時必ず手を拭けるものを持っていくこと。

わたしは手に限ったことではないのですが、全身汗っかきです。

小さいころから汗っかきで特に小さいときは大変でした。

握手したり、手をつないだりと学生時代は何かと接触があるので特に手汗は大変ですよね。

大人になってからも多くはありませんが握手する機会はあるし、子供と手をつなぐこともある。

手がベトベトしてるねって言われたらショック以上の何物でもありません。

立ち直れなくなりますよ。

学生時代は(思春期なんか大変)特に気を付けてハンカチやタオルを持参してこまめに吹いていました。

接触がある直前に拭くしかありません。

冷蔵庫なんかがあると助かります。

手を入れて瞬間冷却。

水道があれば、手を洗うだけではなく流しっぱなしにして手を冷やします。

冷凍庫(アイス)などがあれば、そこに手を突っ込んで冷え切って冷たくてもう無理っていうまで冷やして手汗をかかないようにしていました。

何にもない状況では仕方がなく服、ズボンで拭くしかない。

ジーパンなどは拭く部分、色がいい感じで黄ばむ(色落ちして)どこの古着? って聞かれたほどです。

自分的には笑えない話。

夏はどうしようもありません。

冬でも手汗はかいてしまうのです。

寒い冬にあったかいジュースを買って手をあっためる行為ってありますよね。

その逆で冷たいものを買ってそれで手を冷やす。

それは、ジュースであったり、アイスであったり多岐にわたります。

夏なんかは、アイスを何買おうか迷っているふりをしてアイスで手を冷やします。

冷気の出るところから離れられません。

汗っかきあるあるかもしれませんね。

まとめると、外出時必ず手を拭けるものを持っていく。

トイレに行きたくなくてもトイレなどに行って手をこまめに洗う。

その時トイレにエアーがあって乾かせるならハンカチは使わない。

ハンカチは乾かせるときは乾かしておく。

べちょべちょに濡れてしまうため。

極力手を冷やす。

冬の雪かきも素手でやります。

手袋なんかできません。

蒸れて大変です。

(岩手県 かんさん)




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ