塩化アルミニウム水溶液は手汗がひどい時にすごく効果がありました。

手汗がひどい時にどう対処するか。

私が試して一番よかったのは皮膚科に相談して塩化アルミニウム水溶液を処方してもらう方法です。

塩化アルミニウム水溶液の威力はすごいです。

かなりひどい手汗に悩んでいましたが、塩化アルミニウム水溶液を使ってからは手汗が解消しています。

元々、子どもの頃からものすごい手汗に悩んでいました。

テスト用紙の上に手を置いていたら、いつの間にか手汗で紙が破れていたくらいひどいです。

このレベルの手汗になると生活に支障が出るレベルですね。

大人になってから皮膚科のクリニックに行って相談したら「手汗で悩んでいる人は多いんだよね」と言われました。

手汗の治療にはいくつか方法があるのですが、「これが一番手軽」「とりあえずこれを試してみて」とお医者さんが提案したのが塩化アルミニウム水溶液です。

プラスチックボトルに入った透明の水溶液を渡されました。

塩化アルミニウム水溶液の使い方は簡単です。

夜、寝る前に手のひら全体にアルミニウム水溶液を塗って乾かしてから就寝します。

寝ている間は、通常手のひらに汗はかかないので塩化アルミニウムがしっかり汗腺に作用するらしいです。

塩化アルミニウム水溶液は少しべたつきますが、寝ている間に塗るだけなので特に気になりません。

朝になったら石鹸で洗い流します。

これだけなのですが、アルミニウム水溶液を使い始めて何日かすると手汗が目に見えて減り始め、生活には全く支障がないレベルになりました。

アルミニウム水溶液の副作用は残念ながらあります。

塩化アルミニウム水溶液は手を乾燥させてしまうので、手が荒れることがあります。

また、かゆみ等がでることもあります。

私も手荒れとかゆみの副作用は出ましたが、塩化アルミニウム水溶液を塗布する頻度を減らすことで解決しました。

頻度を減らしても効果は変わらなかったので、効果と副作用のバランスを取りながら使用するといいんだと思います。

皮膚科で受診してもたいしてお金もかからず、手軽な方法で手汗を減らせるのでおすすめです。

デメリットは、効果が出るまでに何日か時間がかかり速効性がないことですね。

(大阪府 ハンドルネーム:瀬棚さん)




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ