手汗を止めるおすすめの制汗剤はパウダープラスの液体の制汗剤

会社会議、PTAの会合、みんなが集まる場所での挨拶など人生では緊張しなければならない場面がいくつかあるでしょう。

そのような時、緊張のあまり、手汗がとまらない。

みんなの前でペンを持たなればならないのてに、汗で濡れて持てない。

演奏しなければならないのに、汗で滑る。

意識すればするほど、焦って手汗は止まりません。

手汗を完全に止めるというのは手術をする、塩化アルミニウムを使うなど時間やお金がかかることもあり、大げさなことになるのですぐにはとめることは難しいかもしれませんが、手汗を軽減させることで、焦ってさらに汗が噴き出すという悪循環を断つことはできます。

一番簡単に試せるのは制汗剤でしょう。

夏によく売っているパウダープラス液体のものです。

一般的に使う場所の脇にまず使います。

手から汗が出ると、緊張がはじまり、体の汗サインは一気に動き出します。

汗よとまれとまれ。と焦れば焦るほど汗はとまりません。

この時、脇にスプレーした制汗剤から脇がすーとした感じがすればどうでしょう。

涼しさを感じることができればしめたものです。

段階を踏んで次は、背中、耳の後ろ、腰のあたりなどスプレーをかけてみてください。

緊張し汗を感じた際の冷感を感じることができればいつもの焦りが少し軽減します。

手の汗の量が全く減らない場合は、手には、パウダーをはたいておくとかなり違います。

お守り代わりに香水瓶などに制汗剤を入れいつでも振りかけることができるようにしておくとさらにいいでしょう。

手汗は暑くて出るのではありません。緊張感自分で自分を焦らせ、自分で汗を出すように脳に指令を出しているのです。

自分の気持ちを落ち着かせるために、自分で自分の体を少しだましてみるのです。

(愛知県 ふーみんさん)




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ