精神的な多汗症は治療は汗を気にしないこと

夏といえば、汗ですね。

というか私の場合、夏以外も汗かきまくってます(汗)

冬にモッズコートの脇部分が汗で変色してるのを見た時は絶望しましたよ。

自他共に認める多汗症の私ですが、最近はあまり悩まなくなりました。

結論から言うと、気にしすぎない!

これが1番です。

もちろん制汗アイテムは使います。

使った上で、「これを使っているから、大丈夫。汗は出ない。」と強く暗示しています。

嘘みたいですが、これで汗は減ったんです。

私の場合は精神的発汗が強かったのだと思います。

汗は出ますが、人並みかちょっと多いくらいになれたと思います。

以前は脇からジャーって流れる音がしてるんじゃないかって位の滝汗でしたから。

ここまで来るには紆余曲折、色んな経験をしました。

色んな抑汗アイテムも試しました。

汗ジミにも悩まされました。

一応女子なので、洋服には気を使いました。

基本的にグレーは禁止で、無地よりは柄物を選ぶと染みが目立ちません。

汗が染みないように防水スプレーをかけた事もありましたが、効果はありませんでした。

脇汗パッドは意味をなしません。

初めて使った時、外出先でパッド落ちたのか脇にない事に気付きパニックになりました。

脇汗に効いたのはオドレミンです。

これを風呂上がりに塗ると翌日の汗が減りました。

副交感神経が優位の時には汗は出ません。

その時に塗ると効果絶大でした。

しかし、オドレミンが最近は店になくて買えないんですよね。

今は別の物を使っています。

プロバンサインという内服薬も試した事があります。

自分の結婚式があり、汗をかきたくないという理由で処方してもらいました。

プロバンサインを服用したらとにかく喉が乾いて式の最中に咳き込む程でした。

緊張のせいもあったのかもしれませんが、トラウマになりそれからプロバンサインを飲んでいません。

制汗アイテムは外国製の物がよく効きます。

日本のは弱いですからね。

レディスピードスティックを使っています。

匂いは少し強目ですが、汗臭いよりずっとマシです。

そこにAGプラスの無香料をスプレーしています。

重ね付けにより、更に安心感がでます。

制汗アイテムは必ず風呂上がりやシャワー後に使って下さい。

汗をかいた脇につけると効果は出ません。

私は朝にもシャワーをしてから使っています。

今はこれがベストです。

あとは最近はテレビで汗ジミができてる芸能人をよく見ますよね。

あれをみて勇気付けられた気がします

汗に悩まされていた時は生活が汗対策中心になってしまい、より意識してしまい汗が増える悪循環でした。

誰も自分の事なんか見てない、そう思うとずいぶん楽になりました。

汗になんか負けない、そう思ってこれからの人生過ごしていきます。

(福島県 みゆさん)




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ