多汗症自体は治せないけれど、汗と上手に付き合う方法

多汗症は夏でも冬でも関係なく汗をかくため、仕事関係でも友人関係でも、周りに臭いなどで迷惑をかけることが多く、困っていました。

かと言って、病院の整形外科を受診しても、脇の下に薬を塗るだけというもので、余り効果がないのと、臭いが改善されないことと、受診代金が高すぎるとの理由で、結局通院を止めました。

多汗症は、暑いから汗をかくというわけでないので、根本的に治す方法はわかりませんが、汗の臭いが気にならなくなる方法をインターネットで見つけました。

それは脇の下にすりつぶしたみょうばんを塗るというもので、これが効果覿面!

汗をかいても、全然臭いが気にならなくなったのです。

市販の制汗剤などは、臭いが強いものがあったり、汗でパウダーなどが流れてきて、結局は一日に何度も使いなおさなければいけなかったり、汗の臭い自体が消えないので、香料と混ざり合って、余計に臭くなることが多々ありました。

でも、みょうばんを使うと、脇の下が一日中さらさらで過ごせますし、無臭なので臭いが混じることもなく、またスーパーなどで手軽に手に入りますし、何より安く済みます。

多汗症自体は治せないかも知れません。

でも、汗の臭いだけでも解消できたことで、最近は汗をかくのがむしろ清清しいと感じるようになりました。

主に臭いで嫌悪される多汗症ですが、臭い対策で、大分多汗症は気にならなくなります。

多汗症と上手に付き合う為にも、これからも脇の下などにみょうばんを塗り続けようと思います。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ